注目の記事 PICK UP!

稼ぐ言葉の法則~言葉で売り上げが変わる~

こんにちは。かずしおです。
今回は言葉とマーケティングについて書いてみます。
なお、これは神田昌典さんの『稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41』を読んで、それを踏まえた感想になります。


言葉で売り上げが変わる

コピーライティングやマーケティングで著名な神田さんの『稼ぐ言葉の法則』という本を読んでみました。同じ商品なのに、それをどのように紹介するか、どういう言葉をどういう順序で使うかによって成約率や売り上げが変わってくるのだそうです。不思議なようでいて、でもよく考えると、ちょっとした言葉の違いで人の心は変わってしまうから不思議でもないのだと思います。ここで言葉の使いかたというのは単に言葉が綺麗というような表面的な綺麗さということではなくて、もっと本質的な深い理解をしないといけません。

新PASONAの法則

そもそも物やサービスが売れるというのはどういうことでしょうか。物やサービスが欲しい人は何か悩みや問題を抱えていてそれを解決したいために物やサービスを買うわけですね。この買い手の悩みを解決するという観点から『稼ぐ言葉の法則』で著者の神田さんが公式化したものがあります。それが新PASONAの法則です。ちょっとこれを紹介しておきます。


問題(Problem)→親近感(Affinity)→解決策(Solution)→提案(Offer)→絞り込み(Narrowing down)→行動(Action)です。

ここで、新PASONAの法則の中身をもう少し具体的に見ていきましょう。
まず、買い手の問題点を把握します【問題(Problem)】。
そして、それを自分のことのように親近感を持って接し考えます【親近感(Affinity)】。
有効な解決策を考えだして【解決策(Solution)】、
特典をつけたりして提案をします【提案(Offer)】。
買い手が今買わないと損をするというなどの条件を挙げて【絞り込み(Narrowing down)】、
商品を紹介売り込みます【行動(Action)】。

これらの頭文字を取ってPASONAの法則です。旧版から改定されたので「新」がついています。理論から生まれたというよりは、神田さんの経験から出てきたものです。この公式にマーケティングのエッセンスが詰まっていると考えられます。なので、これを使いこなせれば売り上げ増加に直結すると考えられます。

貧す人と稼ぐ人

詳細は『稼ぐ言葉の法則』を読んでほしいのですが、どういう考え方をするか、どういう表現をするかでお金が入ってくるかどうかがわかれてしまいます。できることなら繫栄する方へいきたいですね。それが「売れる公式41」として紹介されています。

これは、ビジネスモデルを作り上げて、応援してくれる人を集め、リーダーシップを発揮するというマーケティングピラミッドを公式化したものです。

お金とコピーライティングとの関係

遠回りなようで近道、それがコピーライティングです。お金持ちになるにはお金の知識と思われがちですが、人を惹きつける文章術があるととても強いですね。

今回も読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 集客についてそもそも論

  2. コーヒーマーケティング コーヒーを通じてマーケティングを学ぼう

  3. ニューロマーケティングからブランディングへ

  4. ダイレクトレスポンスマーケティング(DMR)

  5. 集客の悩み

  6. マーケティングを学び始めて マーケティングとは何だろう?

  7. いつまでも変わらないマーケティングの原則

  8. 有料の集客あれこれ

  9. ネットビジネスにおけるモデリング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


ロースクール修了後ネットビジネスに取り組み始めています。よろしくお願いします。

ツイッター

かずしお公式メルマガ

私の発行しているメルマガです。よかったら登録してくださいね。
メルマガ登録・解除
かずしお公式メルマガ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
PAGE TOP